床や畳のDIY作業?に便利、その後も重宝しているもの

本格的にDIYしている人なら、良い道具をそろえるのでしょうが、私は行きあたりばったり。
でも、たまたま買ったものが、別場面でも助かったり、意外に重宝してることがあります。
先日、断熱の記事を書きましたし、床や畳あげなどの作業で助かったものをメモします。

断熱の記事ってなんのこと?? という方のために、よかったらこちらです↓
底冷え対策 床下用の断熱材を床上にのせて二重床にしてみた

作業用革手袋

私はもっぱら、滑り止めと、自分の手の保護のために使っております。

・・・すいません、ほんとはこれ、どんなときに使うんでしょう??
私は、バーベキュー用グローブって高いな・・・と思ってたときに、これを見つけました。
私の場合、ちょちょっと熱いもの運ぶくらいだから、ちゃんと耐熱でなくてもいっかー、と思って購入。

そして、案の定というか・・・
その後、この革手袋の出番は、バーベキューより、DIYその他の出番が多くなりました。

気に入っているところは、以下

強力な滑りどめ

とにかく、グリップ力がすごい!!! 滑らないんです。

でかい木材系を運ぶときは、まず、革手袋。
そんぐらい愛用しております。

私、ひ弱なもので、だんだん、握力が落ちていっちゃうのです。
重いコンパネを何度も置いたり、立てたり、といった作業も、かなりこたえるので、これまた革手袋してやります。

すっごい楽です。
そもそも、体力使わなきゃいけない作業はいっぱいあるので、
省けるところは楽して、エネルギーを温存すべし。

ノコギリで板を切ったりするときも、しっかり握れる、ということにずいぶん助けられてます。

手をケガから守る

生身の手だったら、ちょっとかすっただけでも出血!みたいな場面も、
革手袋してて、セーフ・・・!!! ってことがありました。
DIY道具を使うのは慣れてないし、下手くそなので、ヒヤッとすることはたびたび・・・ノコギリとかね。

では、よくないところは、というと、
革のにおいがちと気になる。それくらいです。

さて、そうはいっても、めったにDIYなんかしねーぞ、という方。
私もたぶん、わざわざ、そのためには買ってなかったかもしれない。

でも、今じゃ、革手袋をしての作業の楽さと安心感は、代えがたい・・・!!
しかも、ちっともダメになる気配がない。  まぁ、出番が少ないからでしょうけどね。

番外編 ビンのふたを開ける

そして、わが家でもうひとつ助かってる出番。
それは、
ビンのふたが開かないとき

普通はね、キッチングッズのきれいなかわいいやつで、まずは頑張るんです。
でも、どーしても、どーしても、ダメな時ってありませんか?

そのときこそ、革手袋さまの出番。
だんぜん、開きやすい!!!

作業用のものを使うのはちと気がひけるけど、開かないよりいいんです。
私のように、非力な方は、検討してもよいかも、よ?

ただし、こんなことになるなら、おしゃれなアウトドア用にしてもよかったのかな・・?
耐熱とか機能も違うだろうし???  いちおう、目についたものを参考に。

スポンサーリンク




小さいバール

私、じつは今はじめて、これってバールなのか!と知りました。
小さいし、なんか、そういうイメージで見てなかったのです。
私の使い方は、まちがってる可能性が高いかも・・・。しかし、やはり、重宝しているので、紹介します。

きっかけは、ムカデとの闘い

購入したきっかけといえば、昔、住んでたとこで、ムカデが続けて出て。
勇気をふりしぼって、ちょいと畳をはいでみて・・・と思ったら、できんのですわ、これが。

そいで、なにかこう、隙間に差し込んで、畳を浮かせるものを・・・と思って、ホームセンターで購入。
・・・今、パッケージを見るに、どこにも畳をあげる例なんて載ってないのに、
なんでこれにしたのか、お店の人に聞いたのかどうか、それも定かではないのですが。

購入して正解、無事にお役目を果たしてくれました。
・・・といっても、畳をあげたところまでですがね。

余談になるけど、
畳をあげたら、新聞紙がしいてあるものの、隙間あり。
それをどけたら、根太の上に、板が置いてあるけど、その板はもっと隙間だらけ。
で、その下は地面。(古い古い一軒家でした)

人生ではじめて畳をあげてみた私、
ふつうの家はどんな状態なのかはわからないものの、

これじゃ、いくらムカデよけをまいたって、上がりたい放題じゃないか!
(ムカデが上がりたいのかどうかは、わかりませんが・・・)

激怒した私は、網戸の網だけ買ってきて、畳の下に、網を二重にしいてみた。
ムカデが通りにくけりゃいいんじゃないかと思って。

とりあえず、その後はムカデは出てこず、めでたし。
・・・そうですな、思えば、あれがDIYっぽいことをはじめたきっかけだったかも。
余談が長くなりました。

スポンサーリンク




このちっちゃいバールの気に入ってるところを整理しましょう。

テコとして 畳をあげる

すでに説明しましたが、畳をあげるにはバッチリ!!
隙間に差し込んで、てこの原理というか、ぐいっと手前にひくと、簡単に畳があがるわけ。
その後、引っ越し等のたびに活躍。

テコとして 床から重い木材など持ち上げる

断熱の作業のときも、コンパネを移動するのに重宝。
そう、私は握力が弱いのです。
手が入る隙間が十分あっても、よろよろに疲れてるときは、
こいつを使ったほうが、省エネルギーでひょいと、板を浮かせて、持つことができる。

釘抜き

これは、持ってなかったので、助かった!
・・・というか、これが、メインの使用法なのかな??

テコとして 缶のふたを開ける

パッケージには、ペンキの缶のふたを開ける図が出てた。

おお、これなら私もやってるよ。台所で・・・
こいつを開けるのに、使ってるのです。

 

スプーンとかでも開けれないわけじゃないけど、せっかく家にあるんだから、使おう、と。

ていうか、カレーの缶デカくない??と思ったあなたは正しい。
これは400g入り。ふつうにスーパーで売ってるのは、84g。ほぼ5倍近くです。

わが家はカレーが大好き。
ほんとは、新鮮なのをたびたび買うほうがいいのでしょうが、断然コスパいいので、いつもこれ。
あ、またまた脇道にそれました。

こさぎ落とす

これは、パッケージにもちゃんと例がのっていた。
・サビ・塗料をはがす
・建材などのハガシに
・ヨゴレ・パテなどをおとす

なるほど。わが家は使う場面が微妙に違って、DIYというより、掃除なんだな。
傷がついたら嫌だっていうものには使えませんが、
しぶといこびりつきを、まずは落とさなきゃっていうときに重宝してますよ。

いろいろ役立つ小さいバールは ↓

ところで、私はたまたま小さいものを買ったけれども、
DIY用としては、もうすこし大きいほうが人気みたい??
いちおう、参考にのせてみますね。

スポンサーリンク





2018年11月8日 床や畳のDIY作業?に便利、その後も重宝しているもの はコメントを受け付けていません。 DIY 生活