嵐の相葉雅紀くんが顔ヨガでウインク練習してもできないのはなぜ?

「嵐にしやがれ」で相葉雅紀くんが、ウインクの練習!
視聴者から「ウインクができない」とのお悩みを受けたのですが、相葉くん自身もそうだったという!!
どんな練習をしたのでしょう? そもそも、ウインクは練習したらできるのか?調べてみました。

トレーニングを積めばウインクできる?!

登場したのは、顔ヨガで話題の、間々田佳子先生。

まず最初は
状態のチェック
「目をぱっちり大きく開いてください」

先生が言われるには、相葉くんは額が動いている、
それは、
本来使うべき目回りの筋肉が衰えている、ことなのだそう。
目を閉じるのに目回りの筋肉ではなく、額の筋肉を動かすためウインクできない

エクササイズ1
額が動かないよう手で固定し、目を開ける練習
「目回りの筋肉を呼び起こして!!」

エクササイズ2
片目を指で固定して大きく開き、もう片方の目を軽くつぶる。
これを、リズムにあわせて練習。
パッパッフウ(フウでウインクです)、パッパッフウ・・・

先生によれば、通常はこの2エクササイズで、その日のうちにウインクができるらしい。

でも相葉君はできなかった。うう、残念!
「先生、もう、アイドルやめます・・・!」倒れる相葉くん。

 

いや、アイドルやめなくていいからっ
不器用ながらがんばる相葉くんが愛しいんだからね。

それにしても、あんま他人にはみせたくないようなエクササイズを頑張ったのにねぇ。
なんだか・・・相葉くんがウインクできない理由は、筋力だけの問題ではなさそう。
だって、できそうな気配が感じられない・・・





スポンサーリンク

練習してもウインクができない理由

間々田先生の言われた、目回りの筋肉というのは「眼輪筋」を指しています。

「ドクターKAZUのブログ」によれば、
「眼輪筋」をはじめ、顔面の筋肉は、顔面神経の支配を受けて、動くのですが、
顔の上半分、つまり、ウインクに関係する部分は、右脳と左脳の両側の大脳皮質から指令が同時に入るそうです。

このため、人は意識しなくても同時に両眼の瞬目ができるそう。
・・・たぶん、目に異物が入る等の危険をすばやく避ける仕組みのように思います。

でも、それゆえに、片目を閉じて片目を開けるウインクは、難しい!
顔の上半分は、左右別の運動をするのはもともと難しいのです。
(顔の下半分は左右別々に動かせます。反対側の脳の一側支配で、例えば、右脳の大脳皮質から出た指令は顔の下半分の左側の筋肉を動かしているそうですよ。)

ウインクするためには、より複雑な皮質間連絡が関与していることがわかっているそうで、要はそこが未発達だとウインクできないそうです。

ガーン・・・脳ですか・・・
ふだん使わない運動だから、発達するチャンスが少ないということなのでしょうね。
脳の中の皮質間連絡ができるように、となると、たくさん練習するしかないのでしょうか??方法は???

残念ながらエクササイズ方法はみつけることができませんでしたが、脳は年をとっても発達するそうですから、希望はあるのでは?!
内容的には、間々田先生のエクササイズを、左右別々に動かすイメージを強く意識してやる、そんなとこからがんばってみてもいいのかも。

なにしろ、ウインクはできなくてもいいけど(アイドル相葉くんはできるようになりたいでしょうが・・・!)、
眼輪筋の衰えは、老け顔やドライアイ、肩こり等の不調に直結するらしいです。
エクササイズは誰もがしたほうがよさそうですね。

そういえば、「眼輪筋」だけでなく、それを支える「小頬筋」「大頬筋」が働いていないという意見もありました。
こちらは、サイトにエクササイズがのっているので、見てみるといいかもしれません。

相葉くん、ウインクできてもできなくても、気取らないとこが好きだから、頑張ってね!!

参考 ドクターKAZUのブログ、
石川眼科医院サイトhttp://www.ishikawa-eye.com/training.html





スポンサーリンク

コメントを残す