定番料理をスパイスや味付けでおいしく!きわめびと南極流で脱マンネリ

同じ材料、同じ調理法でも、味付けで別メニュー!!
今日のNHKきわめびとは、南極基地で料理担当の堅谷博さんのお話。
中でも印象深かったのが調味料で、同じ料理が6種類にも一気にレパートリー増えた感じに。番組のメモと、わが家を振り返ったメモとをまとめてみました。

調味料で増える!楽しめる!

NHKの「助けて!きわめびと」、今日のテーマは「おいしい節約料理は南極流!」でした。
きわめびとは第55次南極地域探検隊の堅谷博さん。
私が特に気に入ったのは、「鶏肉とキャベツの炒め物」を、6種類の味付けで、紹介してたこと!

中国風:ごま油、ドライニンニク、五香粉
トルコ風:ペパーミント、ドライニンニク、
インド風:カレー粉、ガラムマサラ
タイ風:ナンプラー、ココナッツミルク、ドライパクチー、レモン汁
イタリア風:オリーブオイル、ドライニンニク、とうがらし、ローストオニオン、バジル
メキシコ風:ペッパーソース、レモン汁、ドライニンニク、チリペッパー

 

たくさんのようですが、乾燥してるものがほとんどなので、そうそうすぐにはダメにならないそう。バリエーションが増えて、しかも、本格的な「もどき料理」を楽しめる(笑)

そう、この、「もどき」がポイントかもしれません。
番組では、自宅にあるあり合わせで、家族のリクエストにこたえる料理を作ってました。
最後は、お母さんうれし涙、という場面が。
限られた中で一生懸命作ったところが、ご本人もご家族も思うところあったのでしょう。すてきな番組でした。

どんな調味料?

番組では、堅谷さんがいろんな調味料をもってこられてました。
どんなスパイスを使ってるのか、知りたい!と思ったので、画面にうつってたり、話題に出てきたものを、ピックアップしてみました。

ジンジャー、シナモン、パセリ、オレガノ、ナツメグ、ガラムマサラ、ペパーミント、クローブ、ドライパクチー、五香粉、唐辛子、ドライにんにく、ローストオニオン、チリペッパー、タバスコ、ナンプラー、ココナツミルク、レモン汁、顆粒の鶏がらスープ、オリーブ油、ごま油

なじみのないものもありましたが、目をつけたのは、五香粉。
番組でも使ってたし、たしか、実家の母が使ってたことがあって、から揚げがめちゃおいしかった覚えが。
amazonでみたら、五香粉は、

八角、桂皮、茴香、丁子、花椒をバランスよくブレンドした中国料理で使われるスパイスミックス。
唐揚げや炒め物、炒飯などに一振りしていただくだけで、本格中華料理の風味がご家庭で。いつものお料理に差をつけます。

ウィキペディアによると、桂皮はシナモン、丁子はクローブ、茴香(ウイキョウ)はフェンネル、八角はスターアニス、花椒はホワジャオともいわれます。
実は五香粉は、この5種類で決まっているわけではなく、複数のスパイスを混ぜたものを指し、メーカーによっても中身は違うそう。おもしろいですよね。
臭みをとるとともに、独特の辛さ(痺れるような、とよく表現されてます)、そして、いかにも中華!な香りが特徴です。

おほほ、これは出番も多そうだし、いいんじゃ?
気になるものを何種類か試すとこから始めるといいかもしれませんね。

味付けのパターン

わが家版です。
うちの母から見たら許せないいい加減さ(苦笑)の私の料理ですが、あえて振り返って書いてみました。

思い出せば、一人暮らしをはじめた頃は、悩みすぎて献立考えるだけで時間がすぎ・・・。
使いきらない材料は、味付けを変えるか、調理法(炒める、煮るとか)を変える、パターンで乗り切ってきたんですよね。
今、改めて、自分の料理を振り返ると、我流だけど、なんとか生きてきた(笑)。なので、もし同じように悩む方がおられたら、こんな考え方もあり、です。
私はこれをふまえて、スパイスとか増やしていきたい!!と思ってます。

塩・こしょう

シンプル。ここに足すものはなんでもありかも? 炒め物の油の種類(ごま油、バター、オリーブオイル)を変えると、印象が変わる。
でも、とってもおすすめは、こしょうはミルで挽きたてを使うこと。
こしょうは使う頻度がとっても多いので、こしょうがおいしいと、かなり満足度があがります!
粗びき~細かいと調節できるものがいいですよ。

みりん(砂糖)+醤油+(酒)
和風味付けの定番ですよね。煮物や照り焼きに大助かり。
+梅干し・・・魚や肉を煮たり。梅の酸味がさっぱりだけど濃ゆい
+しょうが・・魚や肉を煮たり。臭みが減ったり、しょうがが多いとパンチがきいた味に。
+にんにく+味噌やオイスターソースなど・・・肉野菜炒めなど濃いガッツリ系の味に

味噌+みりん(砂糖)+醤油
こくのある味に。
+すりごま+豆腐・・・白和え
+すりごま+おろししょうが+酢・・・バンバンジー風たれ。野菜や豆腐にも。
+しょうが・・・魚を煮たり、生姜焼きの味噌入り版で濃い味に。
+にんにく・・・炒め物など、ガッツリ系の濃い味に。
+豆板醤・唐辛子・ラー油など・・・麻婆豆腐とかの味


酢+醤油:二杯酢・・・さっぱり酢の物、お刺身にも
酢+醤油+砂糖・・・三杯酢 マイルド?な酢の物
酢+塩・・・お刺身とか。+オリーブオイルでカルパッチョに。

これらのバリエーションで
+針しょうが・唐辛子・ラー油など・・・パンチがききます
+いりこ・ちりめんじゃこ・するめ(干物とかおつまみの)等・・・だしが出ておいしい

酢+油+塩分+スパイス等・・・ドレッシング系
・酢の種類(米酢、レモン等の柑橘の酢、黒酢とか)
・油の種類(サラダ油、オリーブ油、ごま油とか)
・塩分(塩、しょうゆ、ナンプラー等)
・スパイス等(こしょう、唐辛子、ラー油、ハーブ類)
・その他(隠し味の砂糖、練りごま・すりごま等)

酢+砂糖+塩・・・甘酢。
+ケチャップ+水溶き片栗粉・・・酢豚のオレンジ色のたれ。ふつうの炒め物にもおいしい。

 

こうしてみると、酢の出番が多いかも・・。
甘いものは大好きだけど、料理は甘くないほうが好きだし、子どもは酸っぱいのが好きだし。
他人様に振る舞うこともほぼないので、独自になっちゃったかも・・・
でも、いいや。
スパイスを取り入れて、いろんな味を楽しめるよう、がんばります!

参考 NHKオンライン「助けて!きわめびと」

コメントを残す