深海魚サケガシラの泳ぐ姿が撮影される!!山口県萩市須佐湾

深海魚である、「サケガシラ」が泳いでいるところが撮影されたそう!!
NHKニュースで紹介があったと知り合いから聞いたので、検索してみたら、youtubeで公開されてました!

サケガシラは、漁業の網にひっかかっていたり、浜に打ち上げられたり、死んだ状態で見つかることが多いらしいです。
生きて泳いでいる姿が撮影されるのは、ヒジョーに珍しいのだとか。

一瞬、リュウグウノツカイ?!と思いましたが、
ウィキペディアによれば、サケガシラは同じアカマンボウ目に属する仲間ではあるものの、別の生き物でした。
北海道から沖縄県までの日本近海の太平洋、日本海全域に分布するそう。

それにしても
細長い銀色の体が、ピンクにみえたり・・・海の色ともあいまって、とってもきれいですよね!
ピンク色は、角度によってそう見えるらしいです。

しかも・・・
かなり近くで撮影しているようですが、ゆったり泳いでますなぁ。優雅です・・・!!

撮影された、山口県萩市の須佐湾は、山口県の中でも日本海側、島根県に近いところです。
海もきれいなら、海岸沿いの地層むきだしの断崖ホルンフェルスも有名!
ダイビングや、キャンプにも、とっても有名なところのようです。

ダイビングされる方は、もしかしたら、サケガシラに会えるかも?!
夏休みのお出かけにいいかもしれませんね。





スポンサーリンク

帰ってきた子どもに、この画像をみせると、大喜び!
「生きてるときは全身銀色なんだ!こんなにきれいとは!!」
「ヒレは透明みたいだね」「エイみたいな動きだね}

なかなか細かい観察になるほどー!と。
同じ画像なのに、子どもとじっくり見ると、けっこう発見があるよねぇ、と思いました。

コメントを残す