孫成順「料理人の役があれば声かけて!」給料なしでいい?!朝ドラまれを振り返り意欲

NHK朝ドラ「まれ」での、珍さん役が記憶に新しい「孫成順(そん せいじゅん)」さん。
NHKあさイチで「夢の3シェフ共演」が久々にあり、孫成順さんも出演!! 爆弾発言の背景にある思いとは?

料理が上手な俳優さん??

孫さんといえば、朝ドラ出演でファンになった人も多いようですね。
中国料理店「天中殺」の謎の料理人珍文棋(ちん ぶんき)役は、コミカルだけど重要な役どころ。
火のあがる鍋をふりながらフツーにしゃべるとこも目をひきましたが、そこはもともとプロ中のプロの料理人ですもんね。

でも、とっても自然というか、いい感じの演技に、そこだけでもとりこになったファンが多いのも確か。
俳優さんって思った人が多くても不思議はないですよね。

いのっちから、
料理が上手な俳優さんって認識なんだけど?と振られると、孫さん

「すごい緊張して。プロの人たちいっしょだから緊張する、みんなすごいうまいだから。」

いえいえ、そうは見えませんでしたよ。とってもよかった!

事務所から声もかかっていた

やみつきになって、またやりたいと思わないんですか?との問いに
「最初のときは、ほんと事務所さんから声かけて、『うちぜひ入ってください、入ってください』って」
すでに事務所から声がかかっていたことを明かしてました! 早っ!

「ぼく料理人だから、やりすぎるとふだんの自分のファン文句いうから、『いいです、いいです』」と。

わー、断っちゃったのね、残念。
でも、本業でのファンを大切に思う心意気はさすが!!
私、直接お料理は食べたことないけど、「あさイチ」とか「きょうの料理」とかでファンになってるから、この気持ちはうれしいなぁ。すてきです。





スポンサーリンク

「まれ」大変だけど楽しかった

一方で、孫さん、
「たくさん子どものファンもできて、買い物いったとき、珍さん珍さんって写真とって・・・すごい恥ずかしい。
写真とってサインして、ほんとすごい最初は大変だった、最後は楽しかった」

あさイチとは違うか?との問いにも、
「もうひとつ世界があって楽しかった」
と、新たなファンに囲まれる戸惑いと喜びを、嬉しそうに語ってました。

「まれ」では、激辛担々麺をはじめ、料理は孫さん自身が作っていたそう!
めっちゃおいしそうだったもんね・・・
演技というか、あの雰囲気も、孫さんにぴったりな役だったんじゃないでしょうか。

料理人の役は給料なしでも?!

そして、孫さんは
「もし料理人の役があれば声かけてください!」

いのっちや、有働アナから、
あさイチとスタジオが近いし、朝ドラや大河も、との声に、
「声かけてください、もう給料はなしで!」 と意欲満々!!

あはは、俳優もよかったのね。
朝ドラ「まれ」の出演が終わったのを惜しむ声も大きかっただけに、
俳優としての孫成順さんが、再び見れる機会は、そう遠くないかも??

それに、「料理人の役」と限定してるところがまた、好感もてるんですよね!

たぶん、料理人の役でなくても、孫さんは俳優できそうな気がするんですけども、
料理が孫さんにとってのコアなんだなぁって、改めて感じたのでした。

私、孫さん、大好きなんだよね。ほんと楽しみにしてます!

孫成順さんの略歴

北京生まれ。
史上最年少、25歳の若さで中国料理最高位「特級厨師(とっきゅうちゅうし)」の資格を取得。
1990年に来日、現在は、中國名菜「孫」を営む。
テレビの料理番組に数多く出演。料理専門誌や雑誌等に掲載多数、調理師専門学校の講師も務める。
自身の料理専門書として「本場の中国料理 ソース・たれ・醤の基礎技術教本」(旭屋出版)を出版。

あんなに人懐こい感じの孫さんですが、ほんとにほんとにスゴイ人なんですよね。
お料理も食べに行きたい・・・!
孫さんのお料理や考えについては、お店のサイトをご覧になったほうがいいかと。
これからのますますの活躍を楽しみにしてます!

参考 中國名菜「孫」





スポンサーリンク

コメントを残す