自由研究のネタに「目玉おやじのふしぎ教室」小学生も大人も熱中?!

ゲゲゲのハンズ「目玉おやじのふしぎ教室」が開校

東急ハンズが「ゲゲゲの鬼太郎」とタイアップし、
7月16日(土)から8月24日(水)の40日間限定で行うそうです。
中でも、手作り教室は、自由研究のネタに困ったときにも大助かりかも。

自由研究のネタに、手づくりイベント 





スポンサーリンク

「不思議」をつくるのじゃ!という、
妖怪に関連させた手作りイベントが、期間中の土日祝に東急ハンズ各店で開かれます。
開催日はわりに限られていて、WEB予約が必要なものが多いので、
気になる方は早めにチェックしてくださいね!

【目玉おやじのふしぎ教室詳細】
http://www.tokyu-hands.co.jp/gegegenohands/#

つかめる水をつくろう!
2種類の液体を使って新感覚の「つかめる水」のできあがり。 標本ビンに入れて持ち帰れます。

妖怪万華鏡をつくろう!
好きな妖怪をプラ板に描き、筒の中に入れてオリジナルの妖怪万華鏡をつくります。

白黒なのに色が見える妖怪ゴマをつくろう!

CDとビー玉を使って、錯覚で有名なベンハムのコマをつくります。 回すと黄色や青色が見えてくるかな?

妖怪が動く不思議な回転盤をつくろう!

絵を回す回転盤、フェナキストスコープをつくり、アニメーションの原点を体験します。

絵柄が変わる妖怪六角パズルをつくろう!
パタパタと折り方を変えると3つの妖怪が出てくる、不思議なパズルです。

暗闇で光る妖怪レジンアクセサリーをつくろう!
UVレジンでフィルムを封じ込めて、暗闇で光る妖怪アクセサリーをつくろう!

手作りイベント後の自由研究

こういう外部でのイベント、自由研究たすかる!!という思いと、このまま提出していいのかな??とか、けっこう悩みますよね。
学校や先生によっても評価は分かれるようなので、気になる場合は確認したほうがいいですね。
今回の、「『不思議』をつくるのじゃ!」は、おうちでもう一度やってみたり、調べたりしてみるのにも、よさそうな材料ではないかな?と思います。
思いつくものをあげてみます。

レポートにまとめてみよう

やった内容を、材料、手順、コツなど、教室で習ったことをまず整理して書く。
自分が考えたことや工夫したこと、他の人の作品をみて思ったことなども丁寧に書く。
・・・実験レポートというか、これはけっこう、侮れないと思います。
やったことをきちんと振り返り、まとめることは、これから学んでいく上で、すごい力になると思います。

同じものを作ってみよう

他人に教えてあげるとしたら、どこが重要ポイントだろう?
もし、うまくいかなかったらその原因は何だろう?
・・・想像ですけど、六角パズルは、意外と大変かも??

オリジナルデザインや発展させた工作をしてみよう

イベントで作ったものと似た感じになったとしても、セットみたいな位置づけもありと思います。

関連する言葉や現象を調べてみよう

例えば、光る水の液体の正体は?どうしてつかめるようになるの?
ベンハムのコマって何?錯覚にはどんなものがある?等

 

参加経験をいかして





スポンサーリンク

こういうイベント、親子で行ったり、親は遠目にみてるだけだったり、いろいろでしょうが、
当日、その場でいっしょになった人と取り組むことそのものも、いい経験ですよね。
作文や日記を書くにも、いい材料になりそう。

特に、ちょっと引っ込み思案な子どもさんが、興味を示したとしたらチャンス!できるだけ行ってみるといいと思います。
行って慣れるまではサポートが必要かもしれませんが、やり始めて熱中し出すと、意外と大丈夫ってなることが。私がそういう子どもでしたので。
そうやって、少しずつ自信がついて、世界が広がるといいですね。

妖怪をテーマにしたコーナーやイベント

妖怪の不思議、宇宙の不思議、実験の不思議、工作の不思議、の4コーナーが準備され、
特に、妖怪コーナーは、日本の妖怪文化の広がりまで紹介というだけあって、力が入ってるようです。
ゲゲゲのハンズのオリジナル商品、鬼太郎グッズ、女性にも人気の鳥獣戯画グッズなど、見逃せないですね。
他のコーナーも、家庭用プラネタリウム、スマホを使った顕微鏡、ネコ型ロボットのペットなど、大人が熱中しそうなものもたくさん!
さらに、期間中は、「妖怪シルエットクイズ&スタンプラリー」や、ハンズカフェでは、ゲゲゲの鬼太郎をテーマにした限定メニューがあるそう。家族みんなで楽しめそうです!

興味をもってできるのはいいこと

楽しい!おもしろい!どうして?!ふしぎ! そういう体験って、とっても貴重だと思います。
なにか心うばわれるもの、熱中できるものがあるって、いいことです。

自由研究は、親の方も悩んじゃいますけど、どちらかといえば、まずはいっしょに楽しんだほうが、あとで整理したり考えたりする材料がたくさんあっていいような気がしてました。
まぁ、子どもそっちのけで熱中する恐れもあるけど、逆よりはいいかな?!
楽しい夏休みになるといいですね!!

参考 「PR TIMES」「東急ハンズ ゲゲゲのハンズ 公式サイト」

コメントを残す