ダイエット後のリバウンドの仕組みと筋肉が落ちる順番が衝撃!NHKギジンカイメイ

「ダイエット後のリバウンドの仕組み」、NHK「林修先生の見れば納得!ギジンカイメイ」では、ゾンビ映画で説明! すごい大切なことをわかりやすく説明してて、食事が不規則な人にも見てほしいな、と思います。指導は、日本大学薬学部の榛葉繁紀先生です。

リバウンドの仕組み

リバウンドは、食事制限により、筋肉が無くなり、脂肪が増えやすくなるのが原因

ゾンビ映画「REBOUND DEAD(リバウンドデッド)」の物語は、森の中でのキャンプ。
設定は、
人間の体:森・・・ダイエットをはじめた人間の体を森に例えてる
筋肉  :若者・・・体の筋肉の部位のそれぞれを、森を訪れた若者に例えてる
脂肪細胞:ゾンビ・・・体の中の脂肪細胞を、森を徘徊するゾンビに。

ちなみに、若者たちは、
胸の筋肉(胸良ムネヨシ)
肩の筋肉(肩平カタヒラ)
おなかの筋肉(腹田ハラダ)
お尻の筋肉(尻沢シリザワ)
足の筋肉(福良萩フクラハギ)

スポンサーリンク




ダイエット

森に到着した若者たち。
いちゃつきだしたところに、早くもあらわれるゾンビたち!!

太っている人には、大量の脂肪細胞がいる。

小屋に逃げ込んだ若者たち

食事制限で起きる変化

「おなかすいた・・・」力なくつぶやく若者たち。
ゾンビに囲まれて3日。食料が無くなっている様子。

食事制限でエネルギーが足りなくなり、筋肉が弱っていく。

一方、窓の外では、ゾンビたちも倒れはじめており。

食事制限で、脂肪も落ちていく。

若者たちは、ゾンビが弱っている隙に、車まで行こうと、外へ出る。
弱ったゾンビを倒して進むが、このあとも、なぜかゾンビは追ってくるのだ。

筋肉が動くと、脂肪が燃焼される。

と、足の筋肉(ふくらはぎ)が倒れ、ゾンビにとらわれる!!

食事制限で筋肉が落ちていくのだ。

最初は、ふくらはぎの筋肉が落ち。
次に、肩の筋肉。
胸の筋肉。

ここで。

筋肉が減りエネルギーを消費できず、痩せにくくなる。・・・「停滞期」に!!

おなかの筋肉も落ち、
お尻の筋肉が最後に残ったところで。

助けがきた!名前は「消化器官」 ・・・(笑)いちお、警察官の恰好です。

ダイエット後のリバウンド

「ダイエットは終わった。さ、食え」食べ物を差し出してくれるのだが。
ここで異変が・・・なんと沢尻「食べられない・・・」

筋肉量が落ちているため、エネルギーを消費できない

・・・要するに、消化器官に食べ物が入っても、筋肉では受け取りきれないということのよう。
さらに。
異様な気配に振り向いた二人がみたものは、
食べ物にむらがるゾンビたち!!

筋肉が消費できないエネルギーは、脂肪に蓄えられていくのだ!!
・・・これが、リバウンド

めっちゃ、こわ・・・・・!!!
あのー私、こわいの嫌・・・しかし、よっくわかりましたぁ!!

ちなみに、筋肉が落ちていく順番は。
筋肉の大きさ+近くにいる脂肪の量できまってくるそう。
例として、ふくらはぎは、お尻に比べると筋肉が小さく、脂肪も少ない。ダメージを受けやすいのだそうです。

スポンサーリンク




リバウンドをしないためには

ダイエットをゆっくり行う
特に、食事抜きダイエットはNG!
急激なエネルギーの減少で、体が危機感を感じる。
エネルギーを蓄えるため、脂肪を次々と増やしてしまう。

ゆっくりダイエットをすれば、脂肪ができずリバウンドしにくい

ダイエットの目安は
半年で5%くらいの体重を減らすダイエットが理想的。
例:50kgなら半年で2.5kg

なるほど。食事制限をすることのリスク、特に急激なダイエットが悪いという、仕組みがよくわかりました。
これに関しては、先日のあさイチで、食事をとっていない時間が長くあくことも良くない、筋肉量を減らしてはいけないと言われてました。

よかったらどうぞ。あさイチ隠れメタボ対策!筋肉量upの簡単体操と食事の注意とは

ちなみに、林修先生の評価は「100%」 ほんとわかりやすかったです。
でも、私個人的には、ゾンビこわいよー。
今回のギジンカイメイ、エンターテインメントとしては、人前であがる仕組みの「頭部警察」が断トツ(笑)。豪華な顔ぶれも意表つかれましたしね。
今後も、ギジンカイメイあってほしいな!

スポンサーリンク




コメントを残す