夏太りの原因と解消法!NHKおはよう日本

夏は汗をかくのに、なぜ太るのか?そんな素朴な疑問について、朝のニュース、NHK「おはよう日本」でとりあげてみました。ほー!と思ったのでメモ

夏太りになる要因

毎年夏に体重が増えると悩む人はけっこう多いのだそう。
それにはちゃんとわけがあったのです。

スポンサーリンク




夏はエネルギー代謝量が低い

<汗をかくのは、体温調節のため>
えー! あんなに汗かくのに・・・って思いましたが。
日本の気温くらいでは、暑さを感じても、エネルギー代謝量はほとんど上昇しないそう。

<褐色脂肪細胞の働きは、夏には低下>
褐色脂肪細胞は、体脂肪を使って熱を作り出す働きがあります。冬など冷えたときに温める機能なので、冬は活発に働くけど、夏は低下してしまうのです。
そうなると、冬は消費できてた分を、夏は消費しないということに・・・!

結果的に、エネルギー代謝量は、冬のほうが高く、夏は低下。

夏の食事にも原因が?!

夏は冷そうめんなど、麺類を食べてしまいがち。
でも、これは糖質が多いメニュー。

つるつるとのどごしもよく、ささっと食べてしまいがちですが、
これも、噛まないことで満腹中枢が働きにくい!

・・・うーむ、栄養が偏るのは予想してたけど、あんまり噛まないメニューっていうのは盲点でしたー。

スポーツドリンクの飲みすぎに注意

水分補給に活躍のスポーツドリンクですが、
500mlで、糖質は20~30g。
これは、スティックシュガーなら10本分にあたるそう!

スポーツなどの運動量がしっかりあるならともかく、
運動してないのに飲みすぎるのは要注意です。

総合すると、体のほうは消費するエネルギーが少なく、食事等では糖質を多くとりがちいうわけで、要は入ってためちゃうほうが多いのね・・・
この上、アイスクリームやらジュースやら食べてたら、当然、太っちゃいますなぁ・・・

スポンサーリンク




夏太り解消の食事

ポイントは、朝ベジ! だそうです。
朝食で、野菜やタンパク質をしっかりとる!
とくに、朝、食物繊維をとると、昼の吸収もゆるやかになるそうです。

朝食が大事ですね!

<メニュー例>

簡単ミネストローネ
野菜ジュース(糖分の少ないもの)
ハム
ブロッコリー
たまねぎ
コンソメ
・・・これらを、電子レンジで3分温め、塩コショウでできあがり。
ありあわせの野菜をたっぷり入れるとよさそうですね。

野菜サラダ+ツナ+大豆水煮

めかぶ+納豆

冷そうめんを食べる時も、こういう副菜をちゃんとつけるのが大事だそう。

しつこいようですが、ポイントは、糖質に偏らず、野菜とタンパク質をしっかりとること。
わかってみれば、すごい基本的なことでした(笑)

暑くて、あー夏バテ・・・って食欲落ちちゃうときも、バランスを意識した食事を続けることが大事なんですね。

スポンサーリンク




コメントを残す