太田忍の競歩や重量挙げ選手のジャンプ力!嵐にしやがれで意外な能力

嵐にしやがれで、リオオリンピックメダリストを招いてました。それが、番組中、選手に意外な力があるのを知ってびっくり!
レスリングの太田忍選手、重量挙げの三宅宏実選手

太田忍選手、競歩に転向?!誘われる

番組中、男子メダリストVS嵐メンバーで、競歩対決があり。
メダリストは、競歩の荒井広宙選手、レスリングの太田忍選手、カヌーの羽根田卓也選手が出てました。

メダリストチームが断然有利とは予想してましたが、驚きだったのは、、
太田忍選手がトップでゴールイン!!

あれあれ、荒井選手じゃなかったのね。

ものすごい小回りかつ短距離だったのが、競歩の実際の競技とずいぶん違うとことは思いますが。
さすが忍者レスラー!速攻、有利な位置に入って、トップを守ったとこが勝因かと思われます。

なんか私、スケートのショートトラックを思い出しちゃったよ。
そういえば、荒井選手が参加したリオの競歩では、80人中31人もの失格やリタイアが出たほど、厳しく過酷な競技なのだそう。距離も50キロだしなぁ・・・。長距離での駆け引きと耐久力はやっぱ別物だろうなと思いました。

とはいえ、太田選手のこの健闘ぶりには、荒井選手からも、競歩に転向しない?とラブコールが!! このへん、さすがというか、荒井選手もいいですなぁ。
でも、太田選手はあっさり「レスリングでいきます」と(笑) あはは。

そーいえば、番組中、伊調馨選手が試合前に初めて泣いた話をした際に。
嵐メンバーから話を振られると、これまたあっさり「僕はあまりないですね」。そんなのあるんかなぁみたいな顔してたよね、と突っ込まれてました(笑)。

わが道をゆく!って感じですね。
銀メダルのときの、金を狙ってたから悔しい、というコメントを思い出すと、なんだか納得です。いーぞ、その調子で、東京では今度こそ金だ!

重量挙げ選手のジャンプ力がすごすぎる

三宅宏実選手から説明された、すごく意外な事実!
重量挙げで大事なのは、実は、手の力というよりも、

瞬発力のスピード
脚力のばね
なんだそう!

ええーー!これ、かなり、びっくりしませんか??
たしかに、もちあげる瞬間、同時に足もバッと踏み出して支えてから、立ってるんだな、とは思ってましたが。
そこまで、足のばね、大事なのね。

実際、垂直跳びを競技別にみると、
1位が重量挙げ!!
2位3位は陸上競技の跳躍系になってたかと思います。
4位がバレーボール

三宅選手によれば、自身の顔の高さまでとぶ選手もいるそう。
今日は、痛めてる腰がまだ万全じゃないってことで、三宅選手の後輩がジャンプ力を番組中で示してました。

もうね、跳び箱8段へ跳び乗れてたんですよ。あ、もちろん、助走なしで。
強い人ほど高く跳べるとも話してましたし。それほど、結果に直結するんですね。

ちなみに、嵐は、相葉雅紀くんが跳び箱5弾にとび乗れてました。これも、かなりすごいと思うなぁ!!

ともかく、一見、ジャンプしてるようにはみえない重量挙げでの、すごいジャンプ力!びっくりでした。
三宅選手には、早く体調を整えて、また活躍してほしいです。

コメントを残す