あさイチで猫背改善体操!背筋を伸ばすよりわかる意識ポイントとは?

あさイチで、猫背をとりあげてました。過去の放送からの蔵出しとのことでしたが、すぐ使える内容でとってもよい!
私は子どもの頃から猫背なので、「背筋のばしなさい!」って怒られてましたが、それってよくわからなかったんですよね。
今日のをみたら、ポイントは背筋というより、他にあるとわかって納得です。すぐとりかかりましたよー。

指導は、北里大学医療衛生学部教授で整形外科医の高平尚伸先生です。

猫背の簡単セルフチェック

壁に背中をつけて立ってみる
かかと→お尻→背中→肩→頭
の順に壁につける。

<チェックポイント>
あごがあがりすぎ
壁から頭が離れすぎ
壁から両方の肩が離れすぎ
壁と背中の隙間

例えば、頭が壁から離れてて、無理やりつけようとすると痛みがある人もあるそう

<猫背の状態について>
スタジオでは、ボーリングボールを持って、試してました。

片手にボールをのせたとき、しっかり真下からまっすぐ支えることはできても、少しでも傾くと、バランスを保つのはかなり困難に・・・!
猫背だと、いつも筋肉などが必死に支えてるってことなんですね。

それも、人間の頭は体重全体の1割弱くらい。
頭って、ほんとに重いんだね・・・

スポンサーリンク




猫背の影響

猫背では、筋肉の血流が悪くなる。疲労物質や痛みが出る物質が出やすくなります。

このため、
短期間では筋肉の疲労、
長距離では関節とか骨に負担がかかる

直接影響がでるのは
肩こり、首のこり、頭痛う、腰痛う、手足のしびれ、

間接的に影響が出るものにはこんなものも
胃もたれ、食欲不振、便秘、下痢、生理痛、めまい

<猫背になりやすい要素>
首:スマホをみたりで、かなりの人が前に・・・
肩甲骨:パソコンなどで。かたまってしまう
骨盤:骨盤は背骨の土台。猫背で座ってたら、たいてい後ろに傾いてるみたい

これらを意識して体操すると、いいクセがつくそう!

スポンサーリンク




猫背改善のエクササイズ

タオルを1本使います。
ポイントはやはり、首、肩甲骨、骨盤を整えること。

① タオルを頭の後ろにかけて
首をのばしたいので、首ではなく、後頭部にタオルをかけるのです。

② 前方下にひっぱる。ここで、息をはきながら10秒くらい。
首の後ろの筋肉(まさに、首コリのところ。頭の付け根から首)が伸びているのを感じます!

③ ゆっくり戻す
ここまででひとつの体操。

④ 腕を後ろに回し、胸を張り、上を向く
ここからもうひとつの体操。タオルの持ち方は、手のひらが上を向くように、肩幅くらいで持ちます。

胸をはるというのは、むしろ、背中側を意識したほうがいいみたい。
肩甲骨を内側、背骨にむかってぐっと寄せる感じ。すごいききますわぁ。

これ、やってみると、体の前側は、肩の付け根から胸までが開くというか、縮こまってたのが伸びるイメージになりますね。
この状態で上を向くと、胸の上部から首の前側がしっかり伸びる感じになります。これは、口は閉じてたほうがいいですよ。

肩甲骨

① タオルを長めに持つ
タオルは、わりと端に近いとこで持ちます。持ち方は上からつかむ(腕をあげたら、手のひらが前を向く)。

② 両腕を伸ばしたまま頭の後ろへ
万歳の状態より、なるべく後ろへもっていくようにする感じです。
このとき、背中は動かさないで、腕だけ動かすそう。
というか、イメージとしては、腕と肩甲骨がいっしょに動いてまーす、という感じ。肩甲骨のエクササイズだからね。
(・・・腕を上げるときには肩甲骨もいっしょに動くのです。試しに、片手で反対側の肩甲骨を触りながら、腕を上げてみたら、動いてるのわかりますよ)

③ 両腕を伸ばして上げた状態をてっぺんあたりに戻し、ゆっくり左へ。右側も。
注意:腰・肩などに痛みがある人は医師に相談を。

④ 両腕を伸ばしてあげた状態(万歳みたいな)で、肩を上下。
おおげさに上下する感じ。あげたまま、ぐるぐる回すようにするのもいいそう。

タオルをピンと張ったまま、ゆるまないように体操するのがコツです。

骨盤

① タオルを腰の後ろにかける
ウエストのあたりですね。タオルは両端をもちます。

② 両手でタオルを前にひっぱる。
骨盤が後ろにたおれていたのを、戻します。姿勢が戻るんですね。・・・これはきくーって感じ!
このとき、おなかに力を入れるといいそう。腹筋も鍛えられます!

コツは、タオルがゆるまないよう、ピーンと張った状態で行うこと。

 

このエクササイズは、思いついたときに、合間合間でするといいそうです。
意識して姿勢をもどすこと、かたまってしまわないよう動かす、というのが大事みたいです。
実際、動かしてみると、すごく気持ちいい!!

猫背のお仲間のみなさん、いっしょにがんばりましょうね!!!

スポンサーリンク




コメントを残す