あさイチ隠れメタボ対策!筋肉量upの簡単体操と食事の注意とは

NHKあさイチで、隠れメタボをとりあげてました。先生が非常に危惧されてたのが、太ってないのに痩せようとすることのリスク。命にかかわり、重い障害をおうこともあるそう。しかも、隠れメタボは女性に多く、8人に1人が該当!対策は筋肉量をつける運動と、絶食時間と栄養バランスに注意した食事。すぐはじめよう!

あさイチで説明してくださったのは、名古屋学芸大学 健康・栄養研究所 所長の下方浩史先生。

隠れメタボとは

メタボリックシンドローム(以下、メタボ)について。
メタボと隠れメタボの違いは?

<メタボ>
腹囲が、男性85cm以上、女性90cm以上
かつ、高血圧、高血糖、脂質異常 のうち、2つ以上に異常がみられる人
日本で960万人いるそう。
<隠れメタボ> 
BMI25未満なのに、
高血圧、高血糖、脂質異常 のうち、2つ以上に異常がみられる人

日本で914万人!! メタボにせまるほど多いんですね

メタボ、隠れメタボともに、
動脈硬化を促進してしまい、糖尿病、脳梗塞、心疾患、認知症などなど、リスクが高くなってしまうそう!

しかも
隠れメタボは女性に多い。
女性はもともと筋肉が少ないのでなりやすい。
特に閉経後の女性に多い。女性ホルモンは、動脈硬化などから守る働きもしているので、閉経後はリスクが高まる。

スポンサーリンク




食事をとらないことが危険

絶食時間が長い
必要な栄養がたりてない
・・・ダブルで悪い・・!!

絶食時間が長いと、
人間の体は「飢餓状態」と判断、食物をエネルギーに変えずに、そのまま体内にためこんでしまう。
インスリンが働きにくくなり、糖尿病や動脈硬化のリスクがあがる。
筋肉が衰えてしまい、代謝が悪くなる。

・・・体重は軽くなっても、健康診断の数値は肥満の要素があるということに!!

これは怖いですね。ダイエット成功なんて喜んでる場合じゃないってことだ。

先生からも、繰り返し指摘されてたのは、
体重を無理に減らそうとすることがいけない。
40代すぎての痩せすぎは、骨粗しょう症などのリスクが高いそう。
無理に痩せようとするのはNG!

隠れメタボの対策例

3食きちんと食べ、間隔に注意

病気等で指導されている場合をのぞけば、
ふつうは、食事は3度が望ましい。かつ、8時間以上あけないほうがいい。絶食時間が長いのがいけないそうです。

1日の食事のカロリーが同じであっても、食事回数が少なく、一度に多くとると、血糖値の上がり方も急上昇!
それを繰り返していると、インスリンの働きも悪くなり、すい臓機能が落ちてしまうそう。
糖尿病や動脈硬化のリスクが高くなってしまう!

 

しかし、そうはいっても、仕事などで食事をとれない時間が長くあく人は多いかと・・。

番組で紹介されてた美容室では、スタッフの健康診断結果が悪かったことで対策をとり、
交代で食事を徹底するようにしてました。こういうの、拡がるといいですよね。元気で仕事できて、効果が高いですしね。

私が思う対策としては、
トイレに行くタイミングとかで、ほんのちょこっとでもパクッと間食を。
先生も、お菓子でも、できれば甘いものでないほうがいい、とは言われてましたが、食べたほうがいいというお話でした。

私は、小さいおにぎり(お団子みたいなミニおにぎり)とか、パンとかチーズ、もっていってて食べてたことあります。これ、ほんとは食べそこねた朝食の残りをラップに包んだ・・・っていう、よくない例ですが。
飲み物の種類を変えてみるとかもいいのかな。牛乳とか飲むヨーグルトとか??
落ち着いて食べれないのがマイナスではあるけど、全然食べないよりはいいのでは。

 

糖質制限ダイエットについては・・・
先生によれば、専門家でも賛否分かれていると前置きされたうえで。

太ってない人が痩せようとするのは要注意。
炭水化物をとることは大切。炭水化物の中でも、内容に注意を。
例えば、お菓子は、吸収されやすい単純糖で、たくさんとるのはNG.きちんとごはんなどでとろう。
・・・いのっちも言われてましたが、カロリーだけ気にしてちゃダメってことですね。

運動を継続して行う

運動量としては
最低限で1日6000歩 できれば1万歩が望ましいそう。

隠れメタボの場合、これ以上やせると危ない。筋肉量を落としてはいけないのです。
運動をして筋肉をつけていくことが超重要みたいです。

・・・たぶん、これがダイエットの大きな過ちで、誤解されやすいとこなんでしょうね・・・体重かるくても、筋肉量が少なければ、他に異常値がなくても隠れメタボ予備軍! だって、代謝が悪いから全身に影響だもの・・・気を付けましょう。

スポンサーリンク




具体的なおすすめ運動について、お話は、福岡大学 スポーツ科学部運動生理学研究室教授 田中宏暁先生より。

スローステップ運動
階段昇降、といえばわかりますでしょうか。
踏み台を、あがる、おりる、を連続で行うもの。
身体の中でも、大きな筋肉を使うので、効率よく行えるそう。

SJT40 
スローステップより手軽な運動として、先生から紹介されたのがこれ。隠れメタボにおすすめだそうです。
SJT40は、全部でひとつの運動なんですが、分解して説明すると、

ST:スロージョギング
肘は90度にまげて、腕は降らない
背筋を伸ばして口は開けたまま
おしゃべりできるくらいの速度で

なんというか、にこにこだらだらジョギングって感じ。歩くくらいのスピードで、ということでしたよ。

T:ターン
STを室内でやるときは、「ターン」を入れる。
6歩いって、3歩でターン を繰り返す
同じ速さなら、なんと! ターンありは、ターンなしの2.5倍も効果が!!
・・・これって、室内でなくてもターンしたほうがよさそう。

40:1日40セットやる
さきほどの、SJTを、1回に1分
1日に40セット行います。・・・つまり計40分

まとめると、SJT40は
スロージョギングターン付き(6歩いって、3歩でターン)を1分間 × 40セット を毎日続ける、というわけ。
一度にやらなくても、時間をおいてやればOK
テレビを見ながら、とか、ちょっと工夫するといいそうです。

番組でやってみた方の感想は、「意外と手軽」
しかも、1か月続けて、2人とも、隠れメタボ解消できてました!

ただ、先生によれば、若い人はこれでは足らないので、筋トレなども行うとよいそう。
運動したら、食事はしっかり、タンパク質を中心にとって。

健康診断を受け、結果をきちんと把握

これは、番組みてて、私が付け加えたことですが。

健康診断の数値を自分でよく把握しておくこと。
「要注意」などとされてる項目は特に気をつけたいものです。

若くして脳梗塞になり、半身まひとなった女性は、
健康診断の異常のデータは正直だった、そこで、軽視せず病院に行っていれば、というふうに話してました。

貴重な助言ですよね・・・健康診断そのものに行かない、行けない人も多いとは思いますが、倒れてしまっては、なんにもなりません。自分の体を守りましょうね。

スポンサーリンク




コメントを残す