積極的に選ぶ通信制の高校で多様な進路や出会いが!NHKシブ5時

NHKシブ5時で、ある通信制高校がとりあげられていました。ネット授業が主というコースは特に新鮮!!
昔からのイメージとはずいぶん違うみたいで、検討の価値ありかな、と思いました。

普通の高校に行く時間がもったいない

不登校も、高校中退者も、それぞれ5万3千人余り。
そんなにいるのね・・・と思う反面、妙に納得できた言葉がたくさん。

生徒さんたちが口にしていた言葉は・・・

ふつうの高校では好きなジャンルを学べる授業や課外授業がなかtった
プロから学べる
自分のやりたいことに時間を使いたい
時間が自由に使える などなど

中でも私が一番、そうそう!と思ったのは。

「普通の高校に行ってる時間がもったいない」

そこに登場してたのは、
海外遠征や練習に忙しい、自転車のプロ選手
中学生の頃から高いプログラミング能力をもち、すでに仕事もしている人、
大好きなグラフィックデザインを勉強できる授業を、という人。

多数派とはいえないかもしれないですが、積極的に選ぶ人がいるところなんだ!というのが驚きでもあり、うらやましくもあり。

スポンサーリンク




新たな才能に、リアルでの出会いも

基本はネット授業とはいえ、年に5日のスクーリングは、通学しての授業。
学校に馴染めなかったという、おそらく多数を占めるであろうと思われる人も、
友達ができたり、笑顔がみられたり。いい感じでした。

また、全国各地で行う職業体験は1週間ほどかけるそう。
それも、地元食材を扱うパティシエや、イカ釣り漁船、刀鍛冶、宿坊の僧侶などなど。
中には、本格的に職業として考える生徒も出てきているそう。

学校側も、

不登校や中退者の受け入れという側面はもちろんあるでしょうけれど、
従来の学校教育にはなじまない、新たな才能を発掘していきたい、
すこし自分を変えてみよう、
というメッセージもあり。なかなか魅力です。

スポンサーリンク




うちも、中学卒業を控え、進路はなかなか・・・
厳しい家庭状況を考えると、実務系の学校に行ってもらうほうがいいとは思うのです。
そのほうが、授業もおそらく、楽しいというか、仕事に直結するイメージがあるわけです。

でも、本人の希望進路が大学に行く必要があるとなると、普通高校になり、そーなると、ほんと、受験用というか・・・。

肝心の学校の授業にはテンション下がりっぱなし・・・。
そいで、困ったことに、私もまったく同感なんですわ(笑)。

いえ、子どもは幸い、学校は楽しんでますし、友達が行くから同じ学校に行きたい、進路上も行く意味はある、だからいちおう、頑張ってはいますけどね。

どーせなら、少しでもおもしろそうな授業してるとこ、かつ、進学校、って考えたら、とたんにすげー偏差値高くなっちゃうわけです。ぎゃふん。

なんかもーちょっと、各学校に、特色ある授業あってもいいんじゃない??
正直、滑り止めといっても、あんまり魅力的な学校もなく、本人も受けないというので。
希望の学校がだめだったら、このおもしろそーな通信制高校もありじゃない??と思う、私。

しかし。
同年代の友達と日常を過ごす時期って貴重なので、しかも本人が学校楽しいと思ってるなら、通学だよね・・・いろいろ考えは尽きないです。

ちなみに、私自身はかなりの部分、学校生活は苦痛だったし、そこで耐えることで得たものより、失った時間や可能性のほうが、ずっと大きかったと思ってます。
なので、同じような方がいるならば、通信制など環境を変えてみるのは、いいんじゃないかと。

人間の発達の基礎になるのは、安心感とか信頼感だそうですよ。そのままの自分でいられるところが一番と思います。

スポンサーリンク