宇宙でおねしょしたら浮くの?宇宙飛行士大西卓哉の回答は?シブ5時

宇宙飛行士の大西卓哉さんは、日本人としては11人目の宇宙飛行士で、現在、国際宇宙ステーションに滞在中。
NHK「シブ5時」からビデオメッセージで質問を送ったところ、お返事があったそうで、9/28に特集されてました。

お気に入りの場所は?

スポンサーリンク




第3位 自分の部屋

昔の電話ボックスくらいの個室スペースがあるそう。自分のコンピュータ端末や寝袋をおいたり、そこだけは自分のプライベートな空間として確保されている。
日記を書くのも日課になっていて、だいたい1日30分くらいかけているそう。
いい気分転換になるそうです。
・・・お部屋、ちゃんとあるんですね。私はてっきり、寝るとこくらいなのかと思ってました。プライベートがないと長期間滞在するのは難しいのかも、と思いました。

第2位 キューポラ

「宇宙飛行士の中でもたぶん一番人気がある場所だと思います」と。
キューポラは、国際宇宙ステーションの真ん中あたりにある、窓に相当するところ。
・・・ソユーズ宇宙船や、地球がみえてました。

第1位 日本の実験棟“きぼう”

「他のモジュール棟より大きく、広々していて静か
他のモジュールは機械の音が大きいけど、(きぼうは)仕事しやすい。
“きぼう”には奥に窓が2つついていて窓から外の景色をみることもできる。」

「キューポラの窓と違うのは、国際宇宙ステーションの構造自体が見える。
太陽電池パネルがぐるぐる動いているところも見られて、地球も見られるのでとてもきれいです。」

・・・一番人気と思われるキューポラよりもお気に入りとは、“きぼう”は実験棟として優秀なだけでなく、すてきな施設でもあるんですね。窓からみえる景色もいいなぁ!

トイレは・・・?

シブ5時では、大西さんのブログにたびたびトイレが登場するので、お気に入りに入ってるのでは、と気になっていたよう。残念ながらはすれだったわけですが、聞いてみたんですね。

大西さんのコメントは・・・

「トイレはどちらかというと、一番ふだんの生活の中で緊張を強いられる場所、
常にドキドキしながら使っています。
きょうは意を決して、トイレの紹介動画です。」

映っていたのは、
便座の下に排泄物をためるタンク。
横からホースが出ていて掃除機みたいになっている、おしっこ用のホース。
尿を分解して飲み水にするシステム・・・!
この機械の調子がよくないんだそう。

3晩連続で警告灯がついたあげく、自動でシャットダウン‼
「個人的緊急事態でした!」と。
もし、地球から水を運ぶと、500mlで100万円なんだとか!!

だから、尿を分解して飲み水にする機械は、ほんとにほんとに大事なんですね。
大西さんが5時間かけて修理し、今は調子がいいそう。・・・よかった!

スポンサーリンク




想定外だったことは?

髪が短くなった

「最近散髪したんですが、短くなっちゃいました。」
散髪したのは船長のアナトーリさん。
バリカンをもってるのをみて笑顔が消えた大西さん。
アナトーリさんは、スキンヘッドにするつもりだったらしい。「もっと短くしたほうがいいよ」って・・・(笑)

大西さんは「小学生以来」「やってみると意外と便利」
実際、髪をあまり洗えないので、清潔に整えやすいという意味では髪が短いのは便利なんだそう。

まっすぐ飛ぶのが難しい

「一番来て驚いたのは、まっすぐ飛ぶことの難しさ」
動画とかで宇宙ステーションの中をすいすい行ってるようにみえますが、そうはいかないらしいです。

「そこらじゅうに頭をぶつけたり、移動中にバランスを崩してつかむところがなくなって必死になってつかまって移動してました。」

大西さんのとった対策は、
「足から先にとぶことにした。自分の体をみながらなのでぶつからない」
・・・おおー、これぞ宇宙空間ならではの体験!!すごいですね。

もっていけばよかったものは?

6か月の滞在なので基本的には必要なものはあるとのことですが、
「恋しくなるのはおいしい作り立ての家庭料理」
・・・わーそうですよね。しかも、帰還の予定がちょっと延期になるという話も・・・

楽しみは週に1回食べる日本食の宇宙食だそう。
この日の食事は、さばの味噌煮、山菜おこわ、ビーフカレー。
なんでも、さばの味噌煮缶詰は、ロシアの宇宙飛行士にもとっても人気があるんだそう!

また、デザートは、ロシアの宇宙食がおいしいそう!
お気に入りはトヴァロークというチーズ。

食後のデザートなどに食べるチーズで、さわやかな酸味が特徴。
「ヨーグルトに似たような感じ」だそう。
しかも、先輩宇宙飛行士からも「これだけは持っていけ」と言われ、たくさん持っていったとのこと。

・・・そうとう、うまうまなんだね! 宇宙食じゃなくても、食べてみたいぞー。
トヴァローク、ちょっとググってみましたが、売ってるのは見つけられず。
わかったのは、カッテージチーズのようなものだけど、牛乳とヨーグルトで作るんだそうな。
参考http://osoroshian.com/archives/26437301.html

スポンサーリンク




宇宙で夢を見るか?おねしょしたら浮く?

「夢を覚えているのは2回しかない」
おもしろいことに、夢の中では、ご自分は宇宙にいないんだそう。
「地上で普通に重力がある中で生活している夢しかみたことがない」そうです(笑)

おねしょしたら浮くのかな?という質問については、
大西さん、もちろん宇宙に来てからおねしょはしたことないと言いながらも、
もししたらどうなるか、考えてみた、と。

「たぶん浮かない。
水は表面張力にすごく影響を受けて、宇宙空間では何かにくっつこうとする。
空中で何もないところにふわふわ漂わせるのは難しくて、すぐ何かにへばりつこうとするので、
たぶん、おねしょをすると、自分の体にバーッと。」

・・・そ、それは悲惨だ・・・
画像にうつってる大西さんは、水(たぶん)のパッケージを開けてみせてくださってて、
たしかに、その水は、空間に浮くことなく、大西さんの手にへばりついてました。
なんか、ジェルというか、すごい柔らかいスライムが、手にデレーっとかかってるみたいに見えたんですよね。
不思議ですよね。

「そういった実験も、もしかしたらするかもしれない、将来。
何のためにするかわからないけれど(笑)」

・・・いや、そりゃー、できればやりたくないでしょうね(笑)

NHKシブ5時のスタジオでは、もー何きいてんの?とツッコミを入れられた寺門アナが
「おねしょのこと聞いたの、松尾さんです。うまく編集されちゃってたけど」と暴露。
そーだったっけ?と松尾アナがしらばっくれる場面が(笑)
でも、意外な回答もおもしろかったし、きいてくれたのも、こたえてくれたのも、両方感謝です!

帰還したときの第一声は何か考えていますか?

「考えていません。
自分の感じたことを等身大でみなさんにお伝えします」
・・・ご自身でもどう感じるかを楽しみにしてるそうです。

それにしても、丁寧に、楽しく説明してくださった大西さん、国際宇宙ステーションが、ちょっと身近というか、親近感わきました!
これからの活躍、そして、なにより、無事の帰還をお待ちしております!