「こどもの恋愛」堀ちえみ・松本伊代・青木さやかのママ目線に共感!あさイチ

NHKあさイチで、こどもの恋愛について、とりあげてました。
ゲストは松本伊代さん(高3と大3の息子)、堀ちえみさん(中2~成人、娘2人と息子5人)、青木さやかさん(小1娘)。おわー、こーいう組み合わせ!?と思ったけど、すごい率直な感じでよかったんですよね。印象に残ったことをメモしてみました。

ゲームでメール連絡できる

小学生の恋愛の例として、登場されてた女の子のお母さんが言ってたのが、印象的でした。
電話もしてないのに、いつ、会う約束を? と思ったら、ゲームでメール連絡していたと。
そういうのが心配でケータイも持たせてなかったのに、
「ゲームでこんなことできる時代になったのか」
「知らないところでできちゃう、怖いな」

・・・ほんと、防げないんですよね。
方法が昔と変わっただけといえばそーなんだけど。リスクは格段に高くなってると思うので余計心配がつのるんですよね。

うちはゲームすらもないけど、友達経由とか、ネットみれるところは、町中にあるし、どんな方法もとれちゃうし。日ごろからよく見てたり、なんでも話せるようにしとくしかないかも。

スポンサーリンク




相手がどんな子か

おつきあいで心配なこと、という親へのアンケートで一番だったのは、
付き合っている相手がどんな子か気になる、というもの。

堀ちえみさんは、
「ママ友にリサーチする。乱暴な子とか不良っぽかったりすると、早めに。
露骨にいうと余計に燃え上がるから、なんとなーく娘を誘って用事を作って遠ざける。
会わなくしていく。」

松本伊代さんから「逆に連れておいでよってことは?」ときかれると、
堀ちえみさんは「する。目でも確かめる」そう。
「すぐに二人っきりになりたがったらおかしーなー」って思うそう。

松本伊代さんは、同じ学校の、知っている子だったそう。
「最終的には部屋に行ってしまうけど、足音させて「あたしはいるわよ」存在をアピールして」

・・・あはは.うちはまだそんな場面ないけど、想像できちゃうなぁ!

性的にすすみすぎるのが心配

同じくアンケートで2位だったのが、これ。
確認のしようがないですよね?

堀ちえみさんは、
娘の場合は、生理がきたときに、生理がくるというのはどういうことか伝えて、だから大事にしなさいと伝えたそう。

息子には、軽率なことをすると自分が責任をどれだけとっていかないといけないか、一人ずつ時間をとって向き合って話したそう。
時期的には、小学6年、中学1年くらいで、まわりの同級生とか女性の成長期も考えてとのことでした。
・・・すごく大事なことですよね。

小学5年でエッチという衝撃的な事例については、
松本伊代さんは、「家族会議ですよ。軌道修正させないといけないかな。」「高校生だったら責任ある行動をって。パパと言うと思う」
堀ちえみさん「もしなにかあったときにどう責任とるか」
青木さやかさん「お相手があることなので・・・。自分が爆発するかもしれない、どうすればいいか全然わかんない」

一方で、
せめすぎちゃうとトラウマになったり、あつくなったり、
いつからいいんだっていうのも難しい とも。難しいですね。

スポンサーリンク




親のカップル動画見たい?

カップル動画って何?と私は思ったくらい無知でしたが。
ネット上にデート写真や動画をのせるカップルもいて、中高生で多いらしい??

女性が主導のケースは多いらしく、動機としてあげられてたのは、
彼を他の女にとられたくない
ファンの声が支えになる

・・・気持ちとしてはわからなくはない。
いのっちも、プリクラのシールを見えるように貼ったりしてた、と言ってたし。

でも、シールは捨てたらなくなるけど、ネット上は消せないんだもん。
他の誰かが保存してたら、際限なく出回り続ける。

リベンジポルノ、就職や結婚への影響など、リスクは知っておくべきと思います。
相手の親族や、企業の担当者がSNSを調べることはあるし。
ふつうに、元彼、元彼女って嫌じゃないかなぁ。

 

でも、ここで問題が。
”巻き添え” みたいなの、ですね。
SNSがすごく広まって身近になりつつある、我が子の世代は、本人はする気なくても、誘われる、他人が勝手にアップする、いずれ巻き込まれていく可能性は高いとも思います。

番組でも、付き合うとき検索するとか、別れるときインスタ消す?消さない?になるんじゃ?という話に。

また、息子の彼女がなんでもアップしてしまう、というお悩み事例も。
松本伊代さんは、「息子に言ってもらうしかない。それぐらい言える男であってほしい」と。
・・・まったく同感です。

しかし、それをどーやって、ピンときてない人に理解してもらうか?
すると、視聴者からとってもナイスな方法が。

「お父さんとお母さんのカップル動画があったら見たい?」ときいたら、ドン引きしてたけど、ハッと何かを感じたようでした。

・・・これ、学校が休みで自宅にいた息子(中学生)も爆笑。「それ効くねー」
困ってるご家庭、これから伝えたいと思ってる方はぜひ試してみては?!

親に恋愛のこと話す??

一部なのか大半なのかは、ちょっとわかんないですが。

親に恋愛のことを相談する子どもの意見としては、
友達感覚というか、先輩としてアドバイスを、とかをあげてました。

しかし、番組のケースでは、高校生の娘は「エッチしてもいい?」と。
・・・いくら日ごろから親に相談してるからといっても、ええ?って思います、私は。

もし、そう言われたら?との問いに、スタジオでは、
「ちょっと待ちな、そんな軽々しくなんで言うの」
「いくつになっても。どういっていいかわからない」
「もし子供ができたらどうしよう」
「後悔しないようにね・・・でも、そのあとが実際難しいかも・・・」
などなど。難しいみたい。

・・・私もわからないなぁ。まぁ、うちは絶対言ってこない秘密主義っぽいけど。
言われても困るし、知らないうちに大変なことになっても困るし・・・。

ただ、堀ちえみさんの「親からみてどうしようもないって思ったときは考えたらって言うかも」っていうのが、同感です。それしかないかな。

松本伊代さんはご主人のほうが厳しいらしく、うまく夫婦分担して話すかな、ということでした。それができたら一番いいよね。

スポンサーリンク




DVを受けていたら:堀ちえみの助言

子どもが付き合っている相手から、DVを受けていたら。
これについては、堀ちえみさんの助言がすごくためになるように思いました。

DV受けてるほうは受けてる自覚がなくて愛されてると思ってるから。
DVを受けてるって自覚させて、(親が)隔離する。
それでも戻っちゃう。嫌いになれない、ほっとけない、自分がなおすとか思って。
・・・このへんの心境、他人からみれば十分病的なんですが、本人はそう思わないとこが難しいんですね。

家族も気をつけないといけない。
相手からすれば、家族が引き離した、彼女は別れるはずないから周りのせいだ、と目がいく。
・・・事件とか、交際相手の家族が犠牲になるケース、ありますもんね・・・

相手の家族に言っていくというのは?との質問には、
いろんなケースがあるので難しい。
虐待で育ったとか、力をつけた息子に親も何も言えないとか。それぞれ事情がある。
・・・残念ながら、そういうケースは多いように私も感じてます。

番組の事例では、
娘さんの側は、
はじめての付き合いでそれが普通と思っていた、
相談しても別れさせられるだけ、
だめな恋愛している娘だと思われたくなかった、と。

お母さんの側は、
娘はずっと彼のことも話してくれていて、普通のけんかと区別がつきにくかった、
うちに限って、DVなんて、と思ってもみなかったそう。
でも、傘やスマホが壊れたり、改めて振り返るとおかしいことはあったようなのです。

堀ちえみさんは、「娘さんの側も、気づかれないようにしてたんでしょうね」と。
たしか、堀ちえみさん自身が、過去にDVで離婚の経験が。
気持ちも汲んだうえでのアドバイス、大切にしたいですよね。

見てないふりでチェックしてる

番組中に堀ちえみさんが言ってたこと、すごく基本的だけど、私、おろそかにしてたなと反省したことが。

「顔色、服装、洋服が乱れてないか、体に傷はないか、
見てないふりをしてチェックはしてる。」

「特に体調、おなかいたい、胸がいたいとかあると、
1対1で話したほうがいいかな。」

・・・そうですよね。
数回の結婚で、現在は7人のお母さんという堀ちえみさん。さすがと思いました。

ちなみに、ここではあんまり書かなかったけど、青木さやかさんが示した反応っていうのが、誰もが通るというか、すごく身近に感じて、ちょっと安心しました!
松本伊代さんは、まるで恋人同士かのように仲いい親子って、最近テレビでみかけたけど、実際はいろいろ考えてるんだなあって思っちゃいました。

なかなか話題にしにくいことをとりあげた今回のあさイチ、賛否はあるでしょうけども、私はゲストの率直な意見が聞けてよかったです。

なお、番組ホームページには、アンケート結果とか主要な内容とともに、
カップル動画、同性どうしの恋愛、デートDVについて、専門家の助言がのっています。
みておかれるといいと思います。

あさイチ「女性リアル こどもの恋愛」
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160928/1.html