長靴のおすすめは、軽い、柔らかい、動きやすいのがポイント

雨の日のお出かけ、特に足元は気になります。
おしゃれなレインブーツもいっぱい。

だけど、私が今日書きたいのは、
長靴だって、快適なこと、安全って、大切じゃないか、と。

履く頻度が少ないからそこまではねー、
ショートならともかく、ロングは場所とるからねー、
そういう考えももちろんわかります。
私がそうだったので。

でも、いくら履く頻度が少なくても、
いや、少ないからこそ、
慣れない人は快適さや安全性を重視したほうがいい。

なぜなら、長靴を使うのは、
雨天とか、水に入っての作業とか、ふだんより条件が厳しい中。

で、ふだん、履きなれてない、しかも運動不足の私がですよ、
すごい土砂降りの中、傘さして荷物もって、
いろんなものよけながら歩くんです。

長靴での作業といえば、町内会の川掃除だったりするわけです。
けっこう、消耗します・・・





スポンサーリンク

私、今はお気に入りの長靴をつかって、
すごーく楽になったって 思うんですけど、

以前は、デザインはすてきだけど、やたら重いとか、
すっごく硬くて、作業しにくいとか。
かといって、作業用って割り切ることもできず、
選ぶの何度か失敗してます。

あの、靴選びは全身に影響するくらい大切って
聞いたことありませんか?
長靴も同じ、そう思うくらい、違いは大きい!!ですよ。

だから、たかが長靴、と思わないでほしいんです。

なんか、道路歩いてるとき、
お年寄りとか、子連れのお母さんとかみてて、
心配になることあるんですよね・・・

周囲の状況をきちんと見れるとか、
危ないってなった時に対応できるとか。
余力があるのは大切と思います。

長靴選びに大切な要素、思いつくものをあげてみます。
・柔らかさ
・軽さ
・滑りにくさ
・底の適度な厚み
それと、濡れにくさと脱ぎ履きしやすさ

あらためてチェックしてみると、
どうでしょうね。

おしゃれなレインブーツとか、
子ども用の長靴とか、
けっこう動きにくいもの多くないですか?

長靴の底もね、
溝があんまりないとか、薄すぎるとか。
用途にもよるでしょうが、
普通は、滑りそうなもの、足が痛くなりそうなものは避けたい。

それから、濡れにくさ。
当たり前だろーーって笑われそうですが。
長さの選び方、それに、履き口の開き具合とかは、重要です。
使い方にあったものでないと、すごく不便だからですね。

例えば。
スポッと履いてスポッと脱げるのは、上から水が入りやすいとか。
幼児は履きやすさ優先、水じゃぶじゃぶ入るのも仕方ないですよね。

フィット感に優れるものは、ブカブカしないで作業しやすいけど、脱ぎ履きは手間とか。
くるくる丸められる長靴(地下足袋みたいなといえばいいのかな?)は、
すごい動きやすいけど、脱ぎ履きは大変。ちょい履きには向かないかな。

一長一短です。
なんにせよ、自分の足と使い道にあった長靴があるのが一番。





スポンサーリンク

余談ですけど、長靴とレインブーツって違うんでしょうか??
何年か前はですね、ネット検索したら、
レディスだと、おしゃれ系のレインブーツか、
もろに作業系の長靴か、両極になって、苦労しました。

ちゃんと長靴なんだけど、見た目はザ・長靴でないのが欲しいんだ!!
って思ってました。
機能的で、見た目もそこそこなのがいいってことなんですけど、
この気持ち、わかってもらえます?

で、長靴専門のお店を探してから、希望の長靴をみつけることができました。
めでたし。今も愛用してますよ。

今は、ガーデニング用、おしゃれ、とかで検索すると、
そういうタイプのものがたくさんあります。
私みたいに、外出と作業と兼用にする程度の人にもおすすめです。

よい雨の日ライフを。

コメントを残す