読み聞かせと音読のコツ?大好きな絵本の大好きなところ0歳~

私にとって、読み聞かせは、親子で本の世界に没頭しちゃう、空想の旅に出るような感じの時間。
なので、書いてないこともしゃべったり、寄り道もします。
親子で大好きだった絵本について、どんな楽しみ方をしてたか、読み聞かせと音読につないでいったか、書いてみます。





スポンサーリンク

「もこ もこもこ」(谷川俊太郎 ・ 元永定正)文研出版
この本を読むときは、子どもを膝の上に乗せてました。
書いてある文字とか、絵のイメージで、思い浮かぶ雰囲気を、体の動きにしてみたり。
地平線だったとこから、生き物みたいに出てくるのが不思議ですもんね。
意識してたのは、その生き物みたいなのが成長する時間というか、
けっこう間をとりながらゆっくり読んでました。

そして、私のおたのしみは、
“もぐもぐ”の時に、子どもをむぎゅむぎゅっと抱いたり、
“ぱちん!”の時に、膝を飛び上がらせたり、
“ふんわ ふんわ”・・・の時に、揺れてみたり、
“しーん”を、しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん  耳元で言ったり

けっこう、子どもも雰囲気を感じ取って、神妙にしてたり、声出して笑ったり。
その日によって、いろいろ楽しみました。

あー、あの時間が懐かしい。 あんなに思いきり抱っこして触れたのに・・!!

「くだものだもの」(石津ちひろ・山村浩二)福音館書店
保育園で定期購読してた、こどものとも年少版にあったものです。
うちの子は最初からえらく気に入って、中学生になった今でも、これは姪っ子にも譲れないといって、うちにあります。
今は売ってないかもしれないのですが、図書館等にあればぜひ。
くだものがでてくるので、私は1歳からでも楽しめると思います。

内容はだじゃれオンパレードです。

キウイうきうき うきわでおよぐ

こんな感じで、でも、いちおう、ストーリーになってます。
だじゃれのリズム感も語感もおもしろいし、
絵も、かわいいというか、ツッコミどころ満載です。

1回読みながらダジャレで笑って、
また気に入ってるページを見て絵で笑う、たいていそんな感じでした。





スポンサーリンク

「ぐりとぐら」(なかがわりえこ・おおむらゆりこ)福音館書店
突然、文字の多い絵本にしてしまいましたが、私自身も大好きだった絵本です。
絵がわりにはっきりしていて、食べ物、動物が出てくるので、わりに小さいうちでもわかりやすいのでは、と思い、早くから見せてました。

ただし、小さいうちは、文章を読むのは、一部だけ。こちらでかいつまんで、子どもにわかりそうな内容にして伝えてました。
例えば、たまごだ!たまご!おおきいねぇ、みたいな感じです。
成長して、聞く集中力が出てきたら、内容を増やしていき、ふつうに読むようにしました。

この本は、かわいいのねずみ2匹が歌いながらお話が展開していくという、リズム感が心地いいです。
そして、全体に、わぁ、おいしそう!おいしいね!っていう、食べることの幸せ感がふんわり漂ってるのが、たまりません。

さて、私のおたのしみは、

まぁ!みちの まんなかに、とてもおおきな

たまごが おちていました

この、ページをめくったら、大きなたまごがある!!!というところ。

そして、お料理して、森の動物たちも見守る中、ページをめくると、
黄色いカステラが焼きあがったページが。

まぁ! きいろい かすてらが、ふんわりと かおを だしました。

つづいて、ページをめくったら、
森の動物たちが、おいしそうにカステラを食べてるところ。
ここでは、それぞれの動物の絵をゆっくり見るのがお決まりになってました。

最後のページには、なんと、たまごのからでつくった車にのってる、ぐりとぐらが。

この、ページをめくる前の期待感と、現れた絵のびっくり幸せな感じが、すごくいいんですよね。子どもも大好き、目がパッと輝きます。
これは小さいうちでも小学校低学年になってもいっしょ。
なので、お気に入りのページをめくるときは、たっぷり味わうようにしてました。

子どもがひらかなを読めるようになったら

大好きで何度も読んでる絵本を選んで、いっしょに読むといいです。
幼い子向きの、文字は少ないけど、気に入ってる本から始めるといいと思います。
お話を覚えてしまってるので、こどものほうも読む負担は少ないと思います。
最初は、キメゼリフとか、特徴的な擬態語をいっしょに言ったりしてました。

読むのが慣れてるようだったら、交代で読むのを取り入れるのがおすすめです。
好きな登場人物をやってもらい、他は親が読むとか、
セルフと、ナレーションを分けるとか、
点と丸があったら、交代するとか。
この場合は、けっこうドラマチックにしたほうが、役者なりきりで頑張ってくれてました。

そのうち、おねだりすると、全部、親に読んで聞かせてくれたり。
すっごい、誇らしげなんですよね。
子どもに読んでもらったら、純粋に大喜びして、ありがとうって終えるようにしてました。

これができたら、小学校の音読の宿題が出ても、そんなに抵抗なく入れます。
というわけで、入学前の時期に、すこしはじめておくのが、コツといえばコツかもしれません。

コメントを残す