日本脳炎の予防接種、早めを推奨する動き。どう考える??

NHKニュースで、日本脳炎の予防接種について取り上げられてました。
予防接種前の幼い子どもの発症が何例か出ており、
早めの接種を推奨する自治体も出ているとのこと。千葉県では生後6か月からだそうです。

あれ? 日本脳炎の予防接種って、そんな早かった??と思った私。

標準的接種時期は3歳からとされ、母子手帳等の案内もそうなっているようなのですが、

ワクチンそのものは、生後6か月から接種可能なのだとか。

とはいえ、予防接種って1歳まで超ラッシュですよね??
スケジュール的に厳しいかもしれません。

ただ・・・そんなに、流行ってるの?





スポンサーリンク

私なりに国立感染症研究所のサイトとかみて、
ものすごくざっくりまとめると、

感染経路
ウイルスをもつブタの血を吸った蚊が、ヒトを刺してうつる。
リスク予想
ブタを調べたところ、西日本の他、関東など他地域にもハイリスク地域はある。
発症状況
日本では発症者は減ってきている。ただし、近年、若年者が出てきている。
感染しても発症するのはおよそ100~1000人に1人だが、うち20~40%が死亡。
生存者の45~70%に後遺症が残るといわれる。
対策
予防接種 、蚊への対策

改めて思うのは、なる確率は低いかもしれないけど、とっても重篤な病気ですね・・・
幼い子の発症は、とても心配です。

さて、でも、日本脳炎ときいて、私がまず思い出したのは、

・日本脳炎の予防接種は、推奨されなかった時期がある(平成17年度~21年度)
(重い副作用があった、とされるが、ワクチンが原因かは特定されてない)
・現在は、日本脳炎の予防接種は推奨されている。
(ワクチンの製造方法が変更、より安全になった、とされる)

うちはですね、
子どもの日本脳炎の予防接種、受けさせるか、相当悩んだ記憶があります。

(国の方針は別にしても、です。)
だから、このニュースは気になったんです。

予防接種って、やっぱり、100%安全かといえば、そうとはいいきれない、
でも、いろんなこと天秤にかけて、決めなきゃいけない。

私の心の変遷は、こんな感じでした。

はじめは子どもに日本脳炎の予防接種は受けさせなかった
日本脳炎を発症する人そのものは減っている、
発症リスクは、地域で差がある、
重い副作用になる割合が他の病気より高いらしい、と思ったから

でもやっぱり受けさせることにした
温暖化で蚊は増えた。蚊に刺される機会は多い。
発症する確率は低くても、発症したら死亡や後遺障害など重篤
他の病気が世界規模で流行する時代に、国内の地域差とか関係ないかも・・・ と思ったから。

そしたら、スタートが遅くなって (小学校低学年か中学年頃です…)、
公費負担の時期をはずれる回が出てしまった。

小児科の先生から、
「いつになるかわからないけど、救済措置が出るらしいですよ。
待って蚊に刺されて日本脳炎になることが絶対ないかっていわれればわからないけどね、
待ってみてもいいのでは?」

せっかく教えてくださったのに。
おかしなもんです。
それまでは私自身が受けさせずに何年もすごしてきたっていうのに。

受けさせようって決めたら、急に怖くなっちゃって。
もし、これを延期して、もしももしも、日本脳炎になったら? 悔やんでも悔やみきれん!!
やっぱ早くしなきゃって焦って。

自己負担で受けさせました・・・
今思えば、どうかしてるけど、そのときは真剣に悩んだんです。

ほどなく、救済措置は出て、残りの回は公費で受けさせていただくことができました。
ありがたいことです。

でも、なぜ、受けさせない方針だったのに、受けさせる、を考えたのか。

きっかけの一つは、
信頼していた年配の看護師さんから聞いた話です。
「私もよかれと思って自分の子どもには受けさせなかったんだけど、
今の時代なら受けさせたほうがよかったかな、と思ってる。」

そうなんです。よかれと思って決めてるんです。
でも、状況は変わっていくし、考えも変わる。

最終的には、子どもにどう思うか聞いてみました。
「は?注射? 嫌に決まっとる!」  これは予測してましたが、
「どの蚊が悪い蚊なんか、わからん!」 うーむ、そりゃそうだ。
「ふつうどおり、しとけばよかったじゃん、今きかれたって!」・・・反省、猛省です。

子ども本人が選択することはない時期に親が決めたんだよね・・・

その後も、近所にブタいない、とか、蚊は遠くに飛ばん、とか
でも、ブタに絶対近寄らないとはいえん、とか

いろいろ言い合いましたけど、悩んだあげく、
予防接種で対策はとったほうがよし、となった気がします。

子どもも、ブタも、蚊も、どこに行くかはわからないんですから。

幸い、接種しても何も問題はなかったから、笑って話せるんですけどね。
やっぱり、どうするか、悩みますよね。

これから予防接種の方は、かかりつけの先生と相談し、ご家族で決められたらいいと思います。





スポンサーリンク

コメントを残す