宿題が終わらない・・・小学生の親が悩む宿題チェック、音読の工夫は?

「子どもが宿題なかなかやらない、宿題が終わらない」
親の永遠の悩みと思えますが、最近、久しぶりに電話した私の妹がブチ切れ状態でした。
姪っ子は小学生、たまに会うとかわいんだけど、家では違うのはどこも同じみたいで。

「もーね、友達が誘いにきたけど、ぜんぜんやってないから、
後で行くからごめんねって、その子に言って、親にも連絡したんよ、
そしたらさー、

「お母さんのせいで、友達に迷惑かけたじゃん!!」
生意気―――! おめーだろ、迷惑かけてるの!!ね、ひどいでしょー??」

どうどう、落ち着け。

でも、うちもそうだった。
小学校中学年くらいだったか、朝になって、やってないって気がついたことがあって、
どう考えても終わりそうになく。

子ども「やってから行くぅーーーっ」半べそ

私「時間ないの同じなんだから、学校行ってやんなさい。
できんかったら、先生に正直に言いなさいっ」

子ども「でも、お母さんのサインがぁーーー」

私「終わってないんだからできんでしょーが。
僕はやるって言ったのに、お母さんが学校でやれって言ったんです、
あんた言えるかねっ 私はかまわん、そのまま言ったらええよ!!!」

ま、そもそも、夜にやり残しがないか、チェックしてない私にも落ち度はあるのだから、
そこは当然、先生も良くは思わないでしょう。
私自身も親の知ったことじゃない、と思ってるわけではない。

でも、うちは、自分のことは自分でって意識してほしいから、
子どもに対して、お母さんも気が付いてあげられなくてごめんね、とか言うことは、まずあり得ない。
そこはたぶん妹もおんなじ。

そして、救いだったのは、うちの子は、
やってないのはかっこ悪いって意識はあったこと。

姪っ子ちゃんはもっとプライド高いから、この手はいけるんじゃ?

妹に、「最悪、できてなかったらそのまま持ってけ!って言ってみたら?
意地でもやるんじゃない??」 提案してみたのだけど。

今はそうもいかないみたい。

宿題のあとで、親がチェックする内容が増えてる?





スポンサーリンク

妹の話によれば、
算数の丸つけ、音読はコメントも、とけっこう時間かかるんだとか。
「もうね、早く宿題終わらないと、私ができんのよー」と切実。

たしかに。でも、私の記憶では、音読に、3段階評価くらいで印つけたり、が多かった気がするけど。
親がやること、増えてるのね・・・

先生とか教育的観点からすれば、
子どもが宿題やったか、忘れ物ないか、どの程度勉強の理解ができてるか、
最終チェックは家できちんと習慣つけないとってことなんだろうけど。

なかなか難しいんだよね・・・
だって、ほんとにぜんぜん、ゆっくりする時間ないんだもん。

うちとか、子どもが起きてる時間に帰れないことも多かったから、
音読とか、九九の暗唱とか、直接聞かないといけないものはすごい困って。

九九は間違えて覚えてたら、後々ずっと響くから、
やっぱりよーくチェックしてあげないとって思うし。

音読は、まー聞いてないけど、読んだよねっ?ってきいて印つける、
そんなこともしょっちゅうでしたが。

今や、音読にすらコメントいるのか・・・
たしか、読書週間とか、ピンポイントでしかコメントなかったんだけどなぁ。

あ、ちなみに、私は音読がどうでもいいとは思っていません。
大切とは思うけど、ポイントをおさえて、あとはすこしスルーさせてもらおうと。
気をつけてたことをあげてみます。

宿題の音読をきくときに気をつけたポイント





スポンサーリンク

・新しい単元になったときは、きっちり聞いて、間違った読みは治す。
(親のほうも一読は必ずしておく。子どもが行とばしてたりもあるので、気づけるように)
・息継ぎは点と丸で、みたいな、なめらかに読めるよう励ます。
(これがだいたいできたら、聞くのをちょっとサボってもいっか、みたいな)
・一番好きな部分を感情をこめて読んでもらうのを聞く。
・実家のじいちゃんばあちゃんに電話するなど、違う人に聞いてもらう。

これは、忙しい方には、けっこうおすすめです。
音読きくのは、うちでは家事しながらがほとんどだったけど、
ピンポイントで、きっちり座ってきく時間をもつと、張り切ってくれてました。

あとは、子どもには、宿題どおりの範囲は自分で読むように言ってました。
ほんとにしてるかはわからないですけど、そこを、バレないからいいって親が言っちゃうとダメかな、と。

宿題を甘くみたり、先生の指導を聞かなくなると良くないと思うから、
あくまで、やってるよねー、信じてるよー
で通しました。親の都合で親が聞いてないで親が印をつける、そういうことで。

ただ。うちでは、音読はもともと楽しみな時間で、
子ども自身も演じながら読むのは好きだった事情もあり、
ぜんぜん聞けないことが続いたときは、子どもの心情的にも、まずい・・・とは思ってました。
子どもから携帯に電話させて職場のトイレで聞いたり、なんつー、今思い出してもかなしいことがありましたが。

今、先生も子どもも親も、みんな忙しいのよね。
親がチェックするところが増えてるのはキツイし、なんとかならないかなとは思うけど。

基本的には、必要な、やったほうがよいことが宿題になってるので、
親にチェックさせるなー、とまでは私は思ってないのです。
でも、家庭によって事情が違いすぎるのも確か。

問題は、それをフォローする余裕が誰にもないことでは、と思うから、
なんとか知恵しぼって、子どもが学んでいけるようになればいいな、と思います。

コメントを残す